映像制作、動画制作、OA事務、宣伝・・・マスコミ、テレビ、エンタメ業界の人材派遣・人材紹介の日テレ人材センター

日テレ人材センター

翻訳

翻訳

翻訳のお仕事は元となる外国語や日本語を別の言語に変えて人に伝えるお仕事です。
翻訳の内容は書類や資料に加え映画の字幕や小説などと業務は多岐に渡ります。
高い語学力が必要で外国の文化や生活習慣を踏まえた翻訳が求められます。
高いコミュニケーション力やチームワークも必要とされる翻訳のお仕事とはどのようなものなのか詳く徹底解説します。

どんなお仕事?

他言葉を理解しやすいように訳して伝達するお仕事

翻訳は、英語など外国語で書かれた文章を日本語に訳したり、逆に日本語で書かれた文章を外国語に訳したりするお仕事です。外国とのやりとりがある仕事をする上で、日本語と外国語の間にある言葉の壁をなくし、コミュニケーションを円滑に進めるために必要な業務のひとつです。

社内翻訳の場合、扱う文章は契約書や営業資料、外部向けの書類や広告、PR資料など多岐にわたります。また、機器の取り扱い説明書や業務マニュアルの作成や、音楽の訳詞、映画字幕、小説などの翻訳を手掛けることもあります。ただ訳すだけではなく、書き手の意図をくみ取り、受け手が理解しやすいよう適切な訳を行うことが求められます。

こんな人向き

高い語学スキルや表現力がある人

高い語学力があり、さらにブラッシュアップをしたいという意欲のある方に向いています。幅広い知識や教養を活かしていきたい方におすすめです。

翻訳対象の言語を使う国の生活習慣や歴史、文化、信仰上のタブーなどに関する知識や理解、専門用語や業界知識を増やすことが求められるので、外国の歴史や文化、最新のニュースなどに興味をもち、キャッチアップできる方が向いています。

また、翻訳というとひとりでコツコツ進める仕事と思われがちですが、社内翻訳の場合は、さまざまな人と関わりながら仕事を進めるため、コミュニケーション能力やチームワークがとれることも必要です。

必要な資格・スキル

TOEICやTOEFLスコアがあるとアピールポイントに

必ず資格が必要というわけではありませんが、外国語と日本語の両方における高い語学スキルや表現力が必要となる仕事なので、文章の読解力と文章作成能力は必須です。また、実務経験とそれに伴う専門知識があれば、より強みとなります。

帰国子女やネイティブスピーカーの感覚がわかる人が求められることが多く、外国語を専攻した学歴、留学経験、TOEICやTOEFLスコアがあるとアピールポイントになります。

ただ言葉がわかるだけではなく、翻訳対象の言語を使う国の背景を考慮したうえで最適な表現や言葉のチョイスが必要となります。日ごろから世界各国に関する情報をチェックし、語学力をブラッシュアップしていければ、仕事の幅を広げられるでしょう。

キャリアアップは?

専門性を高めて特定分野のプロフェッショナルへ

実務経験を重ねることで、語彙や表現力がさらに豊かになり、表現や言葉の選択のセンスが磨かれますので、日本語と外国語の両方における語学力がさらにアップしていきます。仕事を通じて、専門用語や業界知識を身に付けられれば、次のステップに活かすことができるはずです。

経験を積み、能力を磨いてクライアントからの信頼が増せば、より高度な翻訳の仕事を任されることもあります。将来的には独立し、フリーランスとして活躍することも可能です。より専門性の高い分野に特化した、特定の分野におけるプロフェッショナルとしてのキャリアを築くといった道もあります。

翻訳の求人を検索する