映像制作、動画制作、OA事務、宣伝・・・マスコミ、テレビ、エンタメ業界の人材派遣・人材紹介の日テレ人材センター

日テレ人材センター

営業事務

営業事務

営業事務は、書類作成や顧客対応などのデスクワークで営業担当をサポートしつつ売上を支えます。自分の能力次第で、営業担当の成績や会社の業績にも貢献できる仕事です。基本の事務作業だけでなく来客応対もすることが多いので、ビジネスマナーやコミュニケーション能力も重要とされる営業事務。営業事務のお仕事をさらに詳しく徹底解説します。

どんなお仕事?

営業担当を後方からサポート

営業事務のお仕事は、営業担当者のサポートをすることです。一般事務と共通する内容も多いですが、サポートするのは営業担当者に絞られますので仕事内容もそれに特化しています。
資料や書類の作成、商品の在庫や納期の管理、電話やメールの対応などが主な仕事です。
マスコミ業界での営業事務の場合は販売するものが番組や音楽などといったメディアや映像などがあります。
一般事務より、顧客との関りが多くなるので、基本的なビジネスマナーとコミュニケーション能力は重要です。
自分の仕事が売り上げにつながっている、と実感することができる業務が多くやりがいを実感できるお仕事です。

こんな人向き

高いコミュニケーション能力と円滑なチームワークが大切

顧客の対応を任されることもよくあります。客先に失礼があってはいけないので、基本的なビジネスマナーは大切です。
また営業担当者と力を合わせて売り上げアップを目指すことになるので、コミュニケーション能力はとても重要です。
営業事務のサポートなしには、営業担当者は力を発揮できません。担当者と「タッグを組んで」という気持ちで仕事に臨みましょう。
人とかかわるのが好きであるとともに、細かい資料作成などが大切な業務なので、事務作業を丁寧に行うのが苦でないことも必要です。パソコンを使うことが多いので、パソコンが得意な人は有利です。

必要な資格・スキルは?

PCスキルに加え基本的なビジネスマナーが重要

必ず持っていないといけない資格はありませんが、基本的なパソコンスキルは必須です。
ワードでの文章作成、エクセルでの表やグラフの作成は出来た方が良いでしょう。また、客先や社内でのプレゼンテーション用の資料作成などもありますのでパワーポイントやアクセスなども使えると仕事がスムーズです。
営業事務の経験が無いとできない仕事ではありませんが、基本的なビジネスマナーとコミュニケーション能力はとても重要です。営業事務ではなくても、一般の企業での経験や接客の経験などがあるとスムーズに業務が進みます。

キャリアアップは?

スキルアップで広がる将来性

業務でパソコンを使用することが多く、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどのソフトを使って資料作成やデータ作成を行いますので、仕事をしながらパソコンスキルをアップさせることができます。スキルが上がれば派遣社員でもよりレベルが高い仕事内容を任されることも。
正社員であれば、営業事務を経て営業担当に昇進する可能性もありますし、事務能力に長けていれば別の部署の事務を任される事も将来的に考えられます。

営業事務の求人を検索する