映像制作、動画制作、OA事務、宣伝・・・マスコミ、テレビ、エンタメ業界の人材派遣・人材紹介の日テレ人材センター

日テレ人材センター

広報PR

広報PR
どんなお仕事?

自社サービスの認知度を上げるための施策を練るお仕事

PRはPublic Relationsの略で、企業が社会と良好な関係を構築するために行うコミュニケーション戦略のことです。

市場調査や分析を行い、それを基に経営戦略に貢献するための目標をたて、具体的な戦略を練り、実践に移すためのプログラムを組み立てるといった活動を指します。その一環にあるのが広報です。

広報は、自社の活動や商品・サービスについての情報を、メディアに提供し、広く知らしめてもらうための働きかけを行うお仕事です。具体的には報道機関に配布するプレスリリースの作成、記者会見の実施、自社ホームページやSNSの管理運営、販促イベント・プロモーションの企画運営などといった業務になります。
また自社の不祥事やトラブルに関する対外的な対応・謝罪も、多くの場合、広報が担うことになります。

こんな人向き

自分のアイデアを活かして仕事をしたい人

人とコミュニケーションをとるのが好きで、年齢・性別を問わず社内外の人と円滑なコミュニケーションをとれる性格の人が向いています。

また、自分のアイデアを活かして仕事をしたいという思いをもち、企画力とアイデアを形にする実行力のある人が求められます。
正しい情報発信をするためには自社の商品・サービス、活動内容、財務状況などをしっかりと把握する必要があるので、情報収集能力があることも欠かせません。

文章で情報発信することもあるため、簡潔でインパクトのある文章を作成する能力もあると良いです。
さらに、不測の事態でも落ち着いて対応できる能力も必要です。

必要な資格・スキル

営業の経験があると有利

広報PRは企業の営業戦略との関連性が深く、また常にクライアントと向き合う仕事ですので、経営企画やマーケティング、営業の経験があると有利です。

また、広報PRとしてではなくとも、手掛けたい業界で働いた経験があり、その商品・サービスについての知識があると、優位です。
マスコミ関係者と接することが多い仕事ですので、コミュニケーションスキルは必要です。

事故やトラブルの事態収拾や、謝罪なども仕事となるので、臨機応変に問題対処できることも求められます。
またパワーポイントなどを使って自社の活動や製品などについて紹介することもあるため、パソコンスキルは必須です。

キャリアアップは?

経験を積み、質の高いPRができるようになれば、その企業にとって欠かせない人材となり、収入のアップが期待できるでしょう。
また経験値と人脈が増えれば、将来的には、自らPR会社を立ち上げることも可能ですし、コンサルタントとして独立して働くこともできます。

広報PRの求人を検索する